名古屋発! 町の神さま考

日本の森、モリのニッポン紀行

旅の空から

【旅の空から】手書き入力から音声入力へ。

昨年の大晦日。
古社巡礼納めに毎週のように通っている奈良に向かった。
当日の目的地は近鉄田原本駅。

いつになく寒い日だった。
我が家から名古屋駅まで自走して近鉄名古屋駅前で輪行。
地下にある駅で急行の到着を待った。

伊勢中川行き急行に乗り込み無事に自転車を固定して座席に座り新聞を広げた。
市場での仕事がない日は午前四時半に起きて配達されたばかりの新聞を読む。
淹れたてのコーヒーを飲みながら新聞を読むのがここ数年の習慣になった。
電車であっても日ごろの習慣は欠かせない。

弥富を過ぎ木曽三川を渡ったころだろうか。
ふと顔を上げると窓の外は真っ白だった。
一面の雪景色。
この調子だと奈良でFATBIKEの雪上ライドを楽しめるかもしれない。
微かな期待が胸にわいた。

しかし伊賀の山中まで見られた雪は奈良に入ると次第に消えていき、乗り換えの大和八木に着いたころには雪とは無縁の風景が広がっていた。
近江以来の雪上ライドはお預けである。

田原本駅で自転車を組み立てスタート。
鏡作伊多神社を皮切りに九社の神社を回った。
計画していた神社を予定通り回れたのは嬉しいことだけど、とにかくその日は寒かった。
ハンドルを握るときはごっつい手袋をはめるが、神社に到着すれば素手。
参拝後は境内を歩いてメモをするのだけど、その日はシャープペンシルを持つ手がすでに血の気を失い白くなっていた。
スーパーで急きょ買ったカイロも効き目が薄い。
吹きっさらしの境内では立っても座っても寒風にさらされ、遠慮なく首回りや手を冷やす。
そのときのメモを見るといつもより書くボリュームが少ないし、文中には「とにかく寒い」の文字。
目を通すだけで寒空の下をよく走ったもんだと感心した。

末端冷え性で毎年ひどいしもやけに悩まされている。
寒さがひどい日には指の第三関節以上がすべて真っ白になることも珍しくない。
そうなったらペンを握り文字を書くにも難儀する。

でも代わりになるような意外な方法を、偶然に読んだ本から学んだ。
スマートフォンの音声入力。
読んでいるときは何とも思わなかったけど、じつは冷え性の僕こそ試すべきことではないか。
早速、スマートフォン用のマイクを購入、試しに前回のメモを読み上げた。
音声入力初体験。
マイクに向かって言葉を発するとたちどころに音声が文字に変換される。
すばらしいの一言だが、よく見ると誤字が多い。
とくに漢字、同音異義語に間違いが多く感じた。
「参拝」が「三杯」になったりするのはご愛敬。
日本語音声入力自体が発展途上なのだろう。

それでも入力した全体に目を通すと、何とか意味はつかめるかなというレベル。
由緒などにある年号や重要単語はメモをする必要があるが、いったん入力しておき、あとで手直しすればこと足りるのでは。

現場投入は明日、三連休の最終日。
愛知県に緊急事態宣言が発出されなければ出かける予定である。
使ってみての感想は後日、報告したい。

【旅の空から】2020年活動報告。

2020年も残りわずか。

今年は一年を通して新型コロナウイルスとの見えない戦いに終始する大変な年でした。
古社巡礼の旅も、移動自粛などもありなかなか動き出せずもんもんとした日々を過ごしていましたが、五月末の緊急事態宣言解除後から少しずつ再開。
しかし年初に考えていた予定は大幅に変更とならざるをえませんでした。
活動としては、県内の三河国や隣接する岐阜県の美濃国や飛騨国を回ったあと、名古屋から近鉄で行ける大和国(奈良県)の神社を回ることに。
コロナの状況を見ながらその場その場で行き先を考えていた一年でした。
来年は早期終息を祈りながら、引き続き式内社数が多い大和国や、数年越しの越前国を中心に巡礼計画を立てる予定です。
また、今年はこれまでの「FATBIKE古社巡礼!」から「日本の森、モリのニッポン紀行」と名前を一新しました。

2021年もどうぞよろしく!

<1月>
5日
【若狭国】伊射奈伎神社(伊射の森)、苅田比古神社、苅田比賣神社

6日
【若狭国】和爾部神社(日吉神社)、彌美神社、伊牟移神社、佐支神社、宇波西神社、於世神社(川中神社)、御方神社、能登神社、闇見神社
※山都田神社(天神社)は近くまで行ったが防獣柵のため参拝できず。

13日
【美濃国】中川神社、恵那神社(里宮)、坂本神社(八幡宮)、坂本神社(諏訪神社)

20日
【美濃国】花長神社(能郷白山神社)、花長神社(花長上神社)、花長下神社、来振神社、宇波刀神社

<2月>
9日
【美濃国】神田神社

17日
【参河国】羽豆神社、久麻久神社二座(熊見町)、久麻久神社二座(八ツ面山)、日長神社、糟目神社(糟目犬頭神社)、比蘇神社(比蘇天神社)

<3月>
2日【遠江国】己等乃麻知神社(事任八幡宮)、阿波波神社、真草神社、利神社

16日【遠江国】馬主神社(大久保八幡宮)、郡辺神
社(冨士浅間宮)、郡辺神社(赤尾渋垂神社)、鹿苑神社、子倉神社(子安神社)

<6月>
8日【参河国】石巻神社、石巻神社(山上社)、菟足神社、御津神社、赤目子神社、形原神社

21日【越前国】枚岡神社(氷川神社)、枚岡神社(神明神社)、大湊神社(陸宮)、大湊神社(奥社)、伊伎神社、保曽呂木神社(沢春日神社)、大溝神社、伊伎神社(白山神社)

22日【越前国】毛谷神社(毛谷黒龍神社)、足羽神社、輿須奈神社、意加美神社、味坂神社、石田神社(春日神社)、英多神社(熊野神社)紀倍神社(春江町)、紀倍神社(坂井町)、鵜屎神社(鵜森神社)、片岸神社、片岸神社(春日神社)、三国神社、御前神社、井口神社(春日神社)

23日【越前国】横山神社、国神神社、笠間神社、多禰神社、高向神社、布久漏神社、坂名井神社(八幡神社)、己乃須美神社(八重巻白山神社)、毛谷神社(毛谷黒龍神社)

<7月>
12日【参河国】阿志神社

20日【参河国】野神社、野見神社

<8月>
10日【参河国】砥鹿神社(里宮)、石座神社、砥鹿神社(本宮山・奥宮)

18日【飛騨国】水無神社、荏名神社、槻本神社、阿多由太神社、荒城神社

25日【飛騨国】高田神社、大津神社、栗原神社

<9月>
6日【大和国】椋下神社、下部神社、下部神社(旧社地)、都祁山口神社、出雲建雄神社(葛神社)、都祁水分神社、出雲建雄神社(雄神神社)、宇太水分神社(下社)

21日【大和国】祝田神社、石上市神社、山邊御縣坐神社(別所町)、石上坐布都御魂神社(石上神宮)、都祁山口神社、夜都伎神社(春日神社)、夜都伎神社(十二神社)、大和坐大国魂神社三座

<10月>
5日【大和国】夜都伎神社(八剣神社)、山邊御縣坐神社(西井戸堂町)、白堤神社、白堤神社(旧社地)、伊射奈岐神社、水口神社、他田坐天照御魂神社、穴師坐兵主神社、綱越神社、他田坐天照御魂神社(戒重春日神社)

12日【大和国】長谷山口坐神社、堝倉神社、曳田神社、高尾安倍神社(若櫻神社)、石村山口神社(石寸山口神社)、石村山口神社(高田山口神社)、若櫻神社(稚桜神社)、畝尾坐健土安神社(春日神社)、坂門神社(天岩戸神社)、天香山坐櫛真命神社(国常立命神社)、天香山坐櫛真命神社(天香山神社)、畝尾坐健土安神社

19日【大和国】下居神社、下居神社(神明神社)、畝尾都多本神社、鷺栖神社

26日【大和国】目原坐高御魂神社二座(山之坊山口神社)、目原坐高御魂神社二座(耳成山口神社)、竹田神社、坂門神社(阪門神社)、目原坐高御魂神社二座(天満神社)、十市御縣坐神社、千代神社(春日神社)、姫皇子命神社、多坐彌志理都比古神社二座、小杜神社、皇子神命神社、屋就神命神社、子部神社、子部神社(すがる神社)

<11月>
3日【大和国】波多甕井神社、呉津孫神社、於美阿志神社、櫛主命神社、許世都比古命神社、牟佐坐神社、大歳神社、甘樫坐神社四座、御歳神社(馬立伊勢部田中神社)

9日【大和国】鳥坂神社二座、巨勢山口坐石椋孫神社(巨勢山座岩椋神社)、稲代坐神社、天津石門別神社、鴨都波八重事代主命神社二座、葛城坐一言主神社、葛木大重神社

29日【大和国】志貴御縣坐神社、神坐日向神社、大神神社、狭井坐大神荒御魂神社五座
※三輪山登拝

<12月>
7日【大和国】気吹雷響雷吉野大国栖御魂神社二座(雷丘)、東大谷日女神社、飛鳥坐神社四坐、飛鳥山口坐神社、治田神社、加夜奈留美命神社(葛神社)、気都和既神社、波多神社

21日【大和国】飛鳥川上坐宇須多伎比賣神社、加夜奈留美命神社、大名持神社、吉野山口神社、高鉾神社

31日【大和国】鏡作伊多神社(保津)、鏡作伊多神社(宮古)、鏡作坐天照御魂神社、鏡作麻気神社、池坐朝霧黄幡比賣神社、倭おん知神社、千代神社(森市神社)、岐多志太神社、村屋坐彌冨都比賣神社、村屋神社、服部神社、久須須美神社

【旅の空から】ガラガラの車内に思う…

コロナ感染者が一向に減らない第三波。
僕が暮らす愛知県も他人事ではなく連日、最高値を更新している。
こんな情勢だけど今日、古社巡礼で奈良に向かった。
この時期にと思われるかもしれないが、案外この旅はひととの接触が少ない。

自宅を午前五時に出発、名古屋駅まで走り輪行。
行きは乗車券のみで乗れる急行で飛鳥へ。
大和国高市郡の神社で回り切れていなかった飛鳥川上宇多須伎比賣神社と加夜奈留命美神社を回った。
そして余力があったので芋峠を越え吉野へ。
吉野郡の神社を巡り吉野の酒を買って近鉄特急に乗った。

二両編成の列車、乗ったのは終点の吉野から数駅離れた六田駅。
連結部から前後の車内を眺めると、乗客は僕だけ。
月曜日だし混む時間帯じゃないからかもしれない。
そもそも学生たちは特急を利用しない。

コロナの影響はここまで来ているとすれば、大袈裟かもしれないけど、このままで日本はどうなってしまうんだろうと心配になった。
風光明媚にして酒もうまい吉野。
桜はなくとも美しい山並みと澄んだ吉野川。
密になってはいけない。
でも感染対策をしっかりしさえすれば吉野に限らず十分堪能できるのでは…

感染を防ぐのに移動自粛は正しい。
でも通勤通学以外では電車はむしろ空いている。
GOTOとは違う旅を楽しめることはできないのだろうか、ガラガラの車内にそんなことを考えた。

【旅の空から】上り一時間、下り十分

式内社を訪ね始めて五年以上たつけど、上り坂には慣れることはない。
我がFATBIKEに変速がないのできつい上りでは自転車を降りざるを得ない。
だから目的の神社まで延々と歩くことになる。

本日の古社巡礼では昼を過ぎた時点で波多神社に行こうかかなり迷っていた。
県道から神社が鎮座する畑へつながる道へ出たときまだ十二時五十分ころ。
Googleマップを確認すると神社までは六キロで所要時間は一時間半と出ていた。
山奥や行くのが大変な場所にあったり、先延ばしできない神社は早めに行った方がいい。
当日予定していた神社のなかで唯一、山頂に鎮座するだけに早めに訪ねておきたかった。

行けども行けども先が見えない。
ひたすら上りだけと、古代人は何を考え山頂に社を築いたのだろう。
いまでこそ舗装された林道もかつては獣道程度でしかなかったはず。

歩き始めて一時間、電塔の脇に小道があり電気柵を越えると鳥居が立っている。
その奥に小さな社が鎮座していた。
参拝していつものように写真を撮って見た内容をメモに取る。
休憩を兼ねて境内でしばらくたたずんだあと戻ることに。

帰りはひたすら下り道。
クネクネした道に恐怖を感じつつも、上りにない下りの快楽を感じた。
勢いよく下るので上りで汗ばんだ体が冷えてくる。
しかも樹林のなかの道に日差しはまったくといっていいほど当たらない。

早く暖かい場所に出たい...
そんなことを考えていたら、県道との分岐に出た。
念のため時計を確認すると山頂から十分。

上り一時間、下り十分。
自転車では当たり前のことなんだけど…

【旅の空から】名古屋駅まで走る。

前回までの古社巡礼。
我が家から近鉄急行に乗るには金山からJRに乗り名古屋で乗り換えるか、最寄りの近鉄普通駅で乗り蟹江駅か弥富駅で急行に乗り換える必要があった。

先日、何気なく自宅から名古屋駅までの距離を測ってみたところ、名古屋駅までと烏森駅までとは400メートルの差しかない。
勝手に遠いと思い込んでいた名古屋駅までの距離。

外は夜開け前の真っ暗闇。
出発後しばらくして大通りから線路に沿って走る道に入った。
始発以前で通り過ぎる電車のない線路際は真っ暗で妙に怖い。
しかしそこを過ぎれば名古屋駅のビル郡が徐々に近づいてきた。
朝とはいえ看板の電飾が明るくなってきた。
歩道には到着したばかりの深夜バスから降りた乗客たちが駅に向かって歩く列ができており、暗さとは裏腹にひと通りが多くびっくりした。

自宅から二十分弱。
近鉄駅はすでに開いていた。
始発駅から急行に乗れるメリットは大きい、地下駅なので寒いなかを待たなくてもいいし。

コロナ禍の事実上の第三波で緊急事態宣言がいつ出てもおかしくない状況である。
県をまたいだ移動が制限される可能性もある。
新しい可能性を見つけたわけだから、宣言が出るまで何とか古社巡礼の旅を続けたい。

【旅の空から】霜月祭、来年こそは!

新型コロナウィルスのために日本中の祭が規模を縮小したり中止に追い込まれている。
今日、訪れた奈良県御所市で11月開催の霜月祭も今年は中止になった。

三年前に初めて訪れた。
名古屋から近鉄に乗り、何度か乗り換えてようやくたどり着く場所である。
名古屋から奈良は行きにくい場所だけど、御所はさらに行くのが不便。
それでも毎年通うには訳がある。

霜月祭当日、御所町の味のある町並みでは所々で食べ物やら靴下やらいろいろなモノを売っている。
和菓子屋さんで餅を買い肉屋さんでコロッケを買い、お洒落な雑貨屋さんでは靴下を買う。

御所駅から役行者ゆかりの吉祥草寺までを修験者たちが練り歩く、お練りが祭のメーンイベント。
最初に来たときはお練りについて行き、真面目に見物したものだ。 

しかし裏メーン、いや本当は表かもしれないのが東川酒店の駐車場で開催される御所バル。
酒屋で御所の酒を買ってきて駐輪場のテーブルで飲むのだ。
雰囲気も和気あいあいとしていて、つまみもいろいろとおいしいものがある。
なかでも僕は焼きたてのピザが大好き。
ビザと日本酒ってと思われるかもしれないが、これがじつによく合う。

風の森、百楽門、篠峯の三ブランドがそろう御所。
風の森なら秋津穂純米、篠峯なら櫛羅、百楽門はどぶろく、と、それぞれに好きな酒がある。
書いているだけで飲みたくなる。
しかし前述の通り、今年は中止。

御所市内の神社を訪ねた帰りに東川酒店に寄った。
買い物しながらお店の方と話をしたら、今年は残念だけど来年はやります! といってくださった。
年に一度の御所通い。
そして、あの駐車場で見ず知らずのひとたちと酒を酌み交わしながら美酒に浸る。
ただそれだけのことだけど、恋しくてたまらない。

【旅の空から】まさかパンクとは…

夜明け前の暗闇のなかを駅に向かわなくてはならず、しかも目的地まで三時間、乗り換えは四回。
奈良までの旅路は決して楽とはいえない。
とはいえ、そんな苦行のような奈良行きに僕は毎週、幸せを感じている。
今日は吉野線の市尾駅に降り立ち、高市郡の神社を九社回った。
秋の飛鳥路、木々も所々色づいている。
暑くもなく寒くもないこの季節、紅葉を眺めながらのサイクリングは最高だ。

しかしそんな幸せ感に水を差すアクシデントが起こった。
櫛玉命神社を出て次に向かおうとペダルに力を込めたところ、後輪が沈んだ。
パンクだった。
古社巡りの途中でのパンクは初めてではないけど、その現実を前に一気にテンションが下がる。
さらに運が悪いことに持参した交換用チューブまでパンクしていたから、目も当てられない。
幸いパンク箇所はすぐに分かったから応急シールで穴を塞ぐ。
インフレータで空気を入れてどうにか走れる状態に戻った。

パンクは久しぶりだけど、自転車に乗る限り覚悟しておかなくてはいけないリスクである。
いかなるときでもパンクに対処できる準備は必要だ。
自転車に乗る際は常に替えチューブとパンク修理キットは持って行くようにしている。
チューブに穴が空いていたのはまったくの計算外だが…

ところで伊勢国を回っていた数年前、蟹江駅近くで自走中にパンクしたことがあった。
駅併設の駐輪場で修理させてもらった記憶がある。
ちなみに今日、烏森から輪行して急行に乗り換えたのは普段利用しない蟹江駅。
だからパンクしたなんていうのは考え過ぎか。

【旅の空から】奈良通い。

月曜恒例の古社巡礼は奈良通いが続いている。

物心ついてからは小学校の修学旅行以来、奈良が好きだ。
京都に住んでいた大学時代も自転車に乗ってよく出かけたし、仕事を始めてからも休日に思い立って奈良に行くことがあった。
自称「奈良好き」の僕にとり、毎週、愛車を駆って奈良を走れるなんて、幸せの極みである。

さて今朝も午前四時五十分に家を出て最寄りのJR駅から輪行、名古屋駅で近鉄に乗り換えた。
文言だけだと毎週同じことを書いているが、違うのは帰りである。
いつもなら妻の帰宅前には自宅に着くよう午後三時台の電車に乗るのだけど、今日は妻が実家に帰っているのでその心配をする必要がない。
だから思う存分、サイクリングを楽しむぜ! と意気込んだ。

大和八木駅で自転車を組み立てて出発したのは九時少し前。
山之坊山口神社を皮切りに十四社を訪ねた。
数を見ると立派だが実際はそうでもなく、耳成山で軽い登山をした以外はほぼ平地のサイクリング。
しかも神社間の距離は短い。
さすがは式内社数ナンバーワンの風格といってもいいくらいの神社の密度だ。
大和に都が置かれたとき、様々な氏族が大和に蟠踞し朝廷と渡り合っただろうことを想像しながらペダルを漕いだ。
最後の子部神社を発ったのは午後三時ころ。
出発地点の大和八木駅まで戻り、再び輪行。

始めたばかりの大和国、まだまだ終わりは見えない。
その分、目一杯奈良を楽しめそう。
帰りの楽しみは大和の地酒を一本ずつ買っていくこと。
このまま奈良通いが続けば、大和国の式内社を回りきるころには奈良の酒にかなり詳しくなりそうだ。

【旅の空から】まさかの雨。

毎週月曜恒例の古社巡礼の旅。
いつもというか、奈良へ行く旅では最寄りのJR金山駅で午前五時三十分発の中央線に乗り名古屋駅で五時五十分発の近鉄線に乗り換えるのが定着している。
しかし今朝は家を午前四時四十分に出発、自転車で烏森駅まで走って輪行することにした。
駅に到着するとまだ改札のシャッターは開いていなかった。
始発が到着する数分前まで開かないらしい。

シャッターが開く前に自転車を輪行袋に詰め、改札を通り五時二十四分発の普通電車に乗車。
名古屋駅から乗れば一回で済む乗り換えも今回は弥富と名張が追加されたけど、早く出発する分、目的地には早く着くことができた。
奈良の桜井駅前で自転車を組み立て、コーヒーブレイクをはさんで今日一発目の下居神社へと向かった。

下居神社とその論社である神明神社を順調に訪ね終え再び桜井の市街地に戻る途中、雨が降ってきた。
しかも結構、激しい雨だ。
奈良の天気がよくないことは天気アプリで見て知ってはいた。
でも大和国の式内社を訪ねる月曜日はこれまで決まって晴れだったから油断があったのかもしれない。

一度降り出した雨はなかなかやまなかった。
ドラッグストアの軒下で休憩を兼ねて雨宿りをするが、二十分たっても雨はやまない。
しびれを切らして出発すると、しばらくしてズボンのお尻に雨水が浸みてきた。
下着を濡らすだけでなく、ハイソックスへ滴り落ちていくのが感触で分かった。
さらに靴へも遠慮なく浸みていく。

今日は桜井駅を出発し、午前中で近鉄線の南側を走り午後からは線路の北側へと向かう予定だったが、雨に濡れ続けていたら気温が低いのも重なり体が冷えてきた。
この状態で走り続ければ確実に風邪を引きそうだ。
そう判断して午後十二時ころ大和八木駅に向かい駅前のアーケードの下で濡れた自転車を輪行した。 

古社巡礼の旅に出て五年近く経過したがこの間、雨に降られたことは一度や二度じゃない。
山のなかで突如、夕立に襲われたこともあるし、降り続く雨のなかを泣きそうになりながら走ったこともある。
だけどそれは雨が降ると分からずに出かけた結果雨に降られたケースで、事前に天気予報で雨の確率が高ければ出かけることはない。
だからこの五年間、確実に雨が降ると分かっていながら出かけたことは一度もなかった。

恵みの雨ともいうが、僕にとっては好きになれない自然現象である。
とにかく確実に雨が降ると分かっている日は休むのが一番だと思う。

【旅の空から】ひとに会いに行く旅。

話は長いが熱がある...
僕が今日、奈良で出会った大和人のことだ。

今週は桜井市から橿原市にかけて鎮座する神社を巡る、大和国の古社巡礼。
神社を巡るといっても基本的に祭礼でひとがいたり、参拝者がいる場合をのぞき、ひとと会うことも話すことはない。
神社を黙々と回っているだけ(当たり前だが参拝はする)あだ。
だから神社巡りのスタンプラリーをやってるようなものと自嘲気味に答えたりすることもあるくらい。

そんな旅でも稀にひとと会って話し込むことがある。
今日は素晴らしいひとに三人も出会った。

ひとりは神社近くを散歩していたひと、もうひとりは天香山神社で、さらにもうひとりは畝傍駅前の酒屋で。

出会った場面は違うけど共通するのは話しが長いこと。
なかには同じことを繰り返すこともあったけど、不思議と聞いていて心地よく、思わず聞き入ってしまうほどだった。

本は自宅の書斎でも読めるが、ひととは現場でしか出会えない。
そこに行ってしか出会えないひとたちだ。
ひとりは神社の奥にある古墳の石室について語り、もうひとりは世界遺産について、さらにもひとりは大和のうまい酒、とりわけ濁酒について僕の知らないことを教えてくれた。

世の中は広いが人間の一生は短い。
実際の経験には限界があるから読書も必要だ。
それにもましてひとから学ぶことがどんなに多いことか。

こうやってひとに会いに行く旅ができれば面白い。
カテゴリ
最近のコメント
RSS
ブログについて
FATBIKEというタイヤの太い自転車に乗って延喜式内社を訪ねる旅に出ています。屋根神さまから式内社へ。自転車に乗って神社を訪ね、写真を撮りブログを書く、そんな楽しみに浸る毎日です!
管理人紹介
1973年7月生まれ。以前は名古屋や愛知県の屋根神さまを探しては写真に残していたが、2015年に岡谷公二著「神社の起源と古代朝鮮」に触発されて敦賀市の式内白城神社を訪れたことから式内社に関心を持つ。現在は介護の現場で働く傍ら、各地の式内社をFATBIKEに乗って訪ねる日々を送っている。
お願い
◆お問合せ、ご質問、取材などご連絡はコメント欄へお願いします。後ほどご連絡差し上げます。


◇ ◇ ◇


◆当ブログの写真や図、文章等の無断転用・転載を禁止します。
お知らせ
2016年8月現在、屋根神さまの残存確認は行っておらず、「市内屋根神所在地一覧」(2006年作成)に掲載されている屋根神さまのうちすでに消滅したお社もあると思われます。今のところ内容を更新する予定はありませんので、屋根神さまを訪ねる際は消滅したお社があることをご承知おきいただいた上で、「参考資料」としてご活用いただければと思います。
  • ライブドアブログ