広辞苑によると、御県とは天皇の食事に供えるそ菜を栽培する御料地の意。だから鳥居の扁額に記された食物を司る豊受大神に納得。秋の優しい日差しが森の木々に降り注ぐ。外宮の神さまなので神明造の本殿をイメージするが、ここは奈良。お鎮まりになるのは春日造のお社。