月曜恒例の古社巡礼は奈良通いが続いている。

物心ついてからは小学校の修学旅行以来、奈良が好きだ。
京都に住んでいた大学時代も自転車に乗ってよく出かけたし、仕事を始めてからも休日に思い立って奈良に行くことがあった。
自称「奈良好き」の僕にとり、毎週、愛車を駆って奈良を走れるなんて、幸せの極みである。

さて今朝も午前四時五十分に家を出て最寄りのJR駅から輪行、名古屋駅で近鉄に乗り換えた。
文言だけだと毎週同じことを書いているが、違うのは帰りである。
いつもなら妻の帰宅前には自宅に着くよう午後三時台の電車に乗るのだけど、今日は妻が実家に帰っているのでその心配をする必要がない。
だから思う存分、サイクリングを楽しむぜ! と意気込んだ。

大和八木駅で自転車を組み立てて出発したのは九時少し前。
山之坊山口神社を皮切りに十四社を訪ねた。
数を見ると立派だが実際はそうでもなく、耳成山で軽い登山をした以外はほぼ平地のサイクリング。
しかも神社間の距離は短い。
さすがは式内社数ナンバーワンの風格といってもいいくらいの神社の密度だ。
大和に都が置かれたとき、様々な氏族が大和に蟠踞し朝廷と渡り合っただろうことを想像しながらペダルを漕いだ。
最後の子部神社を発ったのは午後三時ころ。
出発地点の大和八木駅まで戻り、再び輪行。

始めたばかりの大和国、まだまだ終わりは見えない。
その分、目一杯奈良を楽しめそう。
帰りの楽しみは大和の地酒を一本ずつ買っていくこと。
このまま奈良通いが続けば、大和国の式内社を回りきるころには奈良の酒にかなり詳しくなりそうだ。