境内左手の通路を山の中腹に向かう。玉垣のなかに鎮座する岩。祭神にして開拓の祖神である日子坐命の陵墓である。磐座をまつる神社は何度も目にしたけど、趣が異なる。宮内庁の札が立つせいか何となく仰々しい。普段ひとが訪れない場所らしく、蚊の大群を刺激したようだ。