氏子さんにもらった略記には江戸時代当時の大墳村という村名が記されている。大墳とは古墳を指しており、その古墳とは本殿真裏にある円墳のこと。位置的にも祭神と被葬者とは関係が深そう。いまでは境内にひっそり佇む古墳も、平野に一際目立つ存在だった時代があったようだ。