韓国で過ごしていたときの知り合いに香港系カナダ人のR君がいた。
彼とは友人を介して知り合った。
僕よりひとつ年上のお兄さんだったけど、年齢が近いこともありすぐに仲良くなった。

聞くと生まれは香港だけどカナダに移民したという。
移民したのが幼いころだったので英語はほぼネイティヴである。
いつもニコニコしていて気さくな性格、そして語学堪能。
シンガポールから来ていた女の子との会話を側で聞いていた。
最初は広東語で話していたと思ったら次に英語になり、そして韓国語に移っていった。
聞いている分には言語間の継ぎ目はなく、とてもスムーズだったことに衝撃を受けた。
世の中にはこんなひともいるんだと。

普段は友人たちのグループで遊ぶことが多かった。
僕が韓国から帰国するというとR君は「お茶でも行こうよ」と韓国茶の店に行き、テーブルにカメラを置いて肩を組んで写真を撮った。
それが彼と会った最後だった。

香港に「香港国家安全法」が施行されたことを新聞一面が伝えていた。
香港がイギリスから中国に返還されたときのことを覚えている。
ソウルの下宿部屋のテレビで中継を見ていた。
返還されても五十年は一国二制度で高度な自治が付与されるとされた。
しかし二十三年で高度な自治は潰えてしまった。

小さいころに香港のカンフー映画やコメディ映画が好きだった。
とても身近に感じていた香港。
行ったことはないけど、二階建てバスが走り、電飾が夜空にきらめく自由な世界というイメージだった。

今後、香港はどうなっていくのだろう。
自由が失われた香港、強権的な中国に対する恐怖。
R君はカナダでこの事態をどう思い感じているのだろう。