宮橋からさらに石段を上がり奥へ奥へ。房総半島の先端を走った身には広前までの距離はかなりしんどいが、耳にする鳥のさえずりは心地よい。所在地は白浜の名の通り、丘にはあるが海が近い。とはいえ祭神の天日鷲命が見つめるのは忌部系の人々が上陸した海ではなく深い森。